ハンドル操作を誤り道路の縁石に衝突した事故

にぎり丸さんの体験記

事故の時期:平成19年7月頃  契約保険会社:東京海上日動

 

私は現在30代の男性です。
今から数年前に自損事故を起こしました。
その際に自動車の任意保険を利用しましたので、そのときの話を記したいと思います。

 

まず、当時入っていた保険は東京海上日動の自動車保険です。
なぜこの保険に加入したのかというと、親がずっと会社の付き合いで
その保険会社に入っており、私も車を購入した時に、
特に何も考えずそのまま保険に加入しました。

 

当時、私は新車でホンダのフィットを購入しました。
ですので、車両保険も合わせると保険料はまずまずかかりました。

 

私は車を購入してからすぐ、仕事の転勤で宮城県に引っ越しました。
そして、休みの日に近くをドライブしていました。
私が住んでいたのは宮城県の田舎の方でしたので、
信号も少なく気持ちよくドライブを楽しんでいました。

 

ちょうどその時、ちょっとハンドルを切るのを誤ってしまい、
道路の縁石にぶつかってしまいました。
ちょうどぶつかったところが悪く、タイヤがパンクし、
さらにドライブシャフトまでだめになってしまいました。

 

車は自力で動けない状態でしたので、
JAFにお願いして近くの工場に運んでもらいました。

 

車を見てもらったところ、修理費に30万円ほどかかると言われました。
事故が起こってから、JAFを待っている間に保険会社へ連絡しました。
保険会社にはすぐに電話がつながり、
事故の状況と身体は怪我していないかなど心配してもらいました。

 

さらに、修理工場へ行って、見積もりが分かり次第連絡してほしいとのことでした。
それで、修理金額が分かってから、すぐに保険会社に連絡し、30万円ならば、
車両保険の範囲で補償できるとのことでしたので、安心して修理をお願いしました。

 

保険は目に見えない商品なので、
事故などを起こさないと保険のありがたさが分からないものです。

 

私は今回初めて、保険を使いました。
そして、改めてきちんとした補償内容の自動車保険に入っていて
良かったと実感することができました。